FC2ブログ
 
■プロフィール

~結城観光倶楽部~

Author:~結城観光倶楽部~
茨城県結城市の観光振興施策について研究しているグループのブログです。
研究結果は市長に提言します!

■FC2ブログランキング

↓ 気に入ったら ↓

FC2ブログランキング

↑ クリックplz ↑

■ブログ検索

■カテゴリー
■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガールズ&パンツァー
この間の選挙公報・・・・
すっごいアニメ声だった訳で。

確かに高い音はより遠くへ飛ぶ特性を持ってるけど、
年をとると高音が聞こえにくくなっていく訳で。
聞き取りにくいという話もあったとかなかったとか。

あの声は、西住流戦車道の後継者の、西住みほ役の人が・・・
ってガールズ&パンツァーの主役を持ってきた訳ですよ。

ガールズ&パンツァー=通称ガルパン
大洗町がタイアップしまくってるアニメ。
大洗町の町並みが再現されてたりと、色々すごいらしい。

県立大洗女子学園をに通う女子高生が、大和撫子の嗜みとして、
華道や茶道、戦車道などが。。。。。。

だから、戦車を使った武道である戦車道は、由緒正しき嗜みの1つ。
で、その武道が世界大会の開催国に日本が選ばれたことから、
文科省からの要請もあって必修選択科目に加わったと。

まぁ、そんなこんなで西住みほを含めた5人で構成された
あんこうチームとして戦車道全国高校生大会へ出場する話なのですが。



渕上さんには悪いが、アレは選挙公報っぽくなかった、、、、、

スポンサーサイト
雑記 | 07:33:27 | Trackback(0) | Comments(0)
平和を愛する諸国民はどこに居るのか?!
http://news.livedoor.com/article/detail/7870078/
中国は海軍を増強したから、いつでも尖閣諸島を攻め落とせるといってます。

自国民を守るために、海上保安庁と自衛隊を
空母を撃沈できる程度に強化する必要があるねぇ。
単純な軍事力の拡大には反対だけど、自国民を守るのは国の責務だし。

システムとしての空母(水上戦闘艦、潜水艦、補給艦、空母から利発着可能な航空機)がないと、
ただのでっかい的でしかなと訳だけどね。

中国のアレは、強襲揚陸艦って訳でもなさそうだから島の強奪には難しそうだし、
そもそも離着陸できるのかと。。。
ヘリかVOLTなら現状でもいけるか?!

ま、日本の対艦ミサイルは、結構充実してるんじゃないかなーと。
XASM-3も開発中だったりするし。

レーダーとか通信機を壊して孤立させることが艦に対する勝利条件のようだから、
対艦ミサイルの規模は沈められるほどの力はなくて、みんな小さいみたい。
ミノフスキー粒子で一発だが、現実には無いという。。。。


そんな軍事力拡大に力を入れてる中国。
ミサイルぶち込んでくる北朝鮮も、
軍隊を持って兵役まである韓国も、
爆撃機を日本領空に近づけたり、戦闘機で領空侵犯してくるロシアも、

どれも平和を愛する諸国民とは言えないですな。


国と国民は別だという話もありそうですけど、
日本人狩りを行うような国民はどうなのよ?
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130717/frn1307170728000-n1.htm

雑記 | 21:01:20 | Trackback(0) | Comments(0)
クールジャパン
日本独自のコンテンツ輸出を促進。
ソフトウェア産業の外貨獲得へ向けた動き。

って感じなんだろうけど。。。。。
近代文化、伝統文化
もう、ごちゃまぜで輸出しちゃえって所。

で、クール・ジャパン戦略ってのがあって。。。
ナニを間違ったかポップカルチャーなるものの海外支援展開をするって事になってるらしい。
で、このポップカルチャーなるものは何ぞやっていうと、
ゲーム・漫画・アニメや、J-POP・アイドルなどを言うらしい。


ゲーム・・・
今のゲーム市場は北米が主戦場になっている。
日本は、もはや蚊帳の外といってもいいレベル。
国内じゃ、ソーシャルゲーぐらいだもんね。。。

というか、これは世界と日本のゲームに対する考えが違うのではなく、
世界がこれから日本の現状に向けてどんどん進んでいくような気がしないでもない。
据え置きゲーム機の終焉とスマホに代表されるインターネットに繋がる個人所有端末の台頭による
ソーシャルゲー全盛期の到来が世界的になるのかも。
世界中でガチャやりまくるってのも滑稽な気が・・・



漫画・アニメ・・・
子供に見せられない代物が多くて輸出ためらうレベル。
というか、むしろ輸入禁止レベル。
血や喫煙、殺人、etc
文化の違いといえばそれまでだけど、すべて守ろうとすると別物になりますwww
アメリカじゃ、スモーカーが葉巻吸えないし、全員禁煙ですハイ。

漫画は子供に見せるもの。ってのが大前提にあって、
映画と漫画は根本的に別物として扱われてるみたい。
そもそも、愛と勇気だけが友達の奴が、毎回相手を殴り飛ばすとか、
女の子集団が謎の勢力と拳で語り合うとか、もうストーリーだけでも輸出できなさそうなレベル。
最近は、日本でも大きいお友達向けの日常アニメが多い気がするけど、あれならいけるか?!
ここは1つ、各国に18禁とかのレーティングで販売許可を要請するしか。
ただ、18禁をわざわざ見るかねぇ・・・



J-POP・アイドル・・・
逢いたくて逢えないJ-POPじゃ海外展開は厳しいような。
いくら宣伝したところで、あちらさんはガチ歌唱力だから。
上手ければ海外公演や何かで宣伝しt。。。。。。上手ければ・・・

よし、アイドルだ!!
歌が上手くなくても、容姿で金を掻っ攫う世界には無い考え方なんじゃないかなと。
とはいえ、これも日本人の集団心理を利用したビジネスモデルだとすれば、
海外ではまったく通用しないということになるんだけど。。。



じゃー、どーすればいいかって?

北米市場に向けてリアル嗜好で自由度の高いのゲームを出す?
各国の規制に合わせて漫画の内容を変える?
各国の言語で各国の嗜好にあわせた歌を日本人歌手を歌わせる?

答えはすべてノー。


海外にあわせるなんて事はしないで我が道を突き進む。



これこそが真のクールジャパン戦略なんじゃない?


海外の人達はクールジャパンに「異文化」を期待しているんじゃないのかなと。
彼らが自分達の文化に同調したような物を望んでいると思う?

k-pop失敗の要因の1つは、
日本人に売れるようなメロディーを作って、そして日本語で歌ったこと
のような気がしてならない訳で。



・・・えっと、児ポ法関連で書こうと思ってたはずなのにwww
表現の自由がどうこうとか、行き過ぎた物には規制とレーティングをとか、
万人が目にする物に対する表現の規制は、すべてのものに平等にかけるべきとか。。。
まいっか。

雑記 | 23:06:17 | Trackback(0) | Comments(0)
テロリストとは
市民団体と名が付くものは、
自分達の主義主張を通すためには何をやってもいいと考えているテロリストばかりだと思っていたのですが・・・


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130418/plc13041812400013-n1.htm

なかには、まっとうな市民団体もあるようです。


某テロ集団が、米軍のフェンスに赤いリボンを巻きつけて、
遠目から見てメッセージになるようにと抗議活動を行っている訳だが、

そのリボンを取り外す活動をしてるのが今回紹介した記事に出てくる市民団体だ。


リボン巻くだけならかわいい抗議だと思う人もいるだろう。
自分だって、それだけならテロ集団のレッテルなんて貼らない・・・
ってことはないか。

たぶん迷惑防止条例とか色んな法律には抵触してると思われるから、
やっぱりテロリストと呼ぶかw


だがしかし、そのリボンには外すときに怪我するようにと針金やガラス片を混ぜておき、
巻き終わったリボンテープのゴミを敷地内に投げ捨てていく。
とまで聞いたらどうだろうか?

あまりにも攻撃的な嫌がらせではないだろうか。
むしろ嫌がらせの域をすでに超えて、犯罪なのではないだろうか。


このような犯罪行為を行う団体には、破壊活動防止法を適用すべき。
上記行為は、暴力主義的破壊活動そのものなのだから。

雑記 | 14:36:30 | Trackback(0) | Comments(0)
誰がJ‐POPを救えるか?
JASRAC[日本音楽著作権協会]が悪い!!!
とか、
違法ダウンロードがCDが売れなくなった原因だ!!
とか。

まぁね、JASRACが天下り団体っぽくて、ちゃんと利権者に金が行ってないんじゃないかって思ったり。
金の流れが不透明すぎたりする点は深く追求すべきだとは思うけど。

違法DLでCDの販売機会が奪われているといわれれば、そうかもしれないけど。。。



やっぱね、売り上げに必要なのはアーティストの心だと思うのよね~

K-POP見てると良くわかるよ。
商業的な音作りと宣伝だけでは売れないって事が・・・
確かに、アイドル連中と比べたら歌も踊りも上手いんだけどね。

そして、日本のアイドル連中も商業的な歌しかやってないんじゃないかと。
「その歌に心はあるのか?」と問い詰めてみたい。


音楽の売り上げ形態も、
CDからダウンロードへ、
聞くから体感するへ変化していってる気もする。

音楽業界は、あまりにも儲ける事に固執しすぎている。
音を楽しむ気持ちを、心を捨ててしまっているんじゃないかと思うぐらいに。



メジャータイトルのCDを買わずに、
好きな音を奏でるバンドのライブに行くというスタイル。
音楽は円盤を買わずに好きなものだけをダウンロード。

そんな世界が目の前にある。


そして、究極は、、、、
鼻歌すら共有する時代に。
見知らぬ誰かのメロディーに歌詞をつけて、
それに、また誰かが伴奏をつけて、唄をつけて・・・
大量の名も無きアーティスト達によって作り上げられる自由こそが、音楽なのかなと。

問題は、、、
そこに金が流れないことwwww

あと、聞くに堪えない物から宝石まで、
玉石混淆な世界になることも問題があると言っておこう。
宝石だけを取り出してCDにまとめて売るなんて手法もあるみたいだけど。



うーん、当面はCDに握手券と投票券つけるしか無いな。

雑記 | 21:34:47 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。